プロフィール

ありす

Author:ありす
ホリスピ®カウンセリング創始者
幸せ作りプロデューサー
インナーチャイルドケアエキスパート

カウンセリング暦:36年
年 齢:50代に突入しました!

占 術:サイキックリーディング
    スピリチュアルタロット
    西洋占星術・八星占術
    波動修正・遠隔ヒーリング
    パワーストーン処方

プロフィール:
    生まれ持った不思議な力に
    戸惑いながらも抗えず、
    13歳より対面鑑定をしながら、
    システムエンジニア・銀行員
    クラブシンガー・
    個人情報保護士等、
    様々な経歴を持つ。
    現在、高い的中率と、
    ヒーリング能力、
    状況を好転させる
    大いなる愛の不思議なパワーで、
    多くのリピーターに支持され、
    ナチュラルサイキックで
スピリチュアルな
    ホリスピ®カウンセラー
    として活躍中。
またインナーチャイルドケア
     の専門家でもあり、
    オリジナルのセラピーで
    アダルトチルドレンから
    完全離脱を補助する
    セラピストとしての実績も大きい。

リンク

最近の記事

Vivre mieux ツイッター

Vivre mieuxのツイッターです。 ホリスピカウンセラーの待機状況や最新の情報をつぶやいています。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェニックスの様に。。。

親愛なる『チームありす』の皆様へ


本日は、皆様に3つのご報告と、
そこに至った永い永い経緯のお話詩をさせて頂きます。

綺麗ごとでない本心を書かせて頂くので、かなり過激な内容になると思われます。
ですので、ショックを受けやすい方はスルーしてくださいね。
本当に本当に、長くなりますが、どうぞお付き合いくださいませ。


ありすは、15歳の時から『占い師』というお仕事をしてきました。
でも、生まれ持った特殊な力を、”怪しい”と言われることも多く、
忌み嫌っていました。
この特殊な能力を自覚したのは、4歳の頃でした。

でも、人が幸せになる事へのお手伝いがどうしてもしたくて、
いつもその溢れる想いに突き動かされて、
この特殊な力を、手離すことが出来ませんでした。

小さな頃からのすさまじい境遇の中で、心についた傷を抱えながら、
でも、人が幸せになる事がどうしても好きで。。。
インディゴの先駆として、愛と正義と平和を守るために
『私は、人のために生まれてきたんだ』と、そう信じて・・・。

いや、良い時はいいのですが、私は神でもなく人間なので、
苦しい時は、(どうして、私はたくさんの人を幸せにするのに、
自分はしあわせになれないんだろう・・・。)
良い時は、もちろん良いのですが、苦しい時は本当に苦しかったです。
頭を壁に打ち付けて、額を割って縫うくらいの傷を作ったこともありました。

39歳でインナーチャイルドのセラピーに出会うまで、
そう思いながら生きてきました。

それでも、突き動かされる溢れる感情に支えられて、
『占い師』というお仕事をしてきました。

途中、自分を探しに、プログラマーやシステムエンジニア、
銀行員、運送会社の総務部長、
再販商品の営業職、などなど、
SEの経験から、業務改革のプロジェクトリーダーなど、
現実社会ともしっかり繋がってきました。
”怪しい”と思われるのが嫌だったから・・・。


そして、その特殊な力のお蔭で、
いつも沢山の人にその能力を求められました。
でも、その特殊な力のせいで、私がが苦しくて助けを求める時、
人は、去っていきました。
私も、淋しい時だってあるのに・・・。
私は都合の良い存在なのか?と、悩み苦しんだ時もありました。

かなり遡りますが、8歳の時に、ある場所に連れていかれて、
そこにいた四柱推命の占い師に言われました。
「あなたは太陽だから、温かさや光を求めてたくさんの人は集まってくるけれど、
誰も貴方を抱きしめることは出来ない。燃え尽きてしまうから・・・。」


だから、プロになることを決めました。
お客様が必要に応じて、求めて下さり、
ありがとうと言う言葉と共に対価を下さる。
私も,ありがとうを言う言葉と共に、達成感を得られる。

それを実感していれば、その哀しみに触れる事はないと・・・。
そして、プロとしてお金を頂く事の意味と責任が発生するので、
自分の個人としての感情を封じ込めるからです。

なぜなら、人の人生に関わる時、
決して主観は必要なく、
限りなく客観的に、その人の目線で、
その人の行くべき未来を冷静に判断していかなければなりません。
自身の経験など、あくまでも参考事例にしかならないのです。

特に相手の潜在意識の中に入る時には、
常に、自分をクリアリングしていかないと、
ご相談相手にも影響を与えてしまうからです。
その意識こそ、プロ意識だとありすは考えます。


その時、『電話占い』という世界に飛び込みました。
世の中には、なんと助けを求める人の多い事だろうとビックリ致しました。
ちょうど、長女を出産した20歳の頃です。

私のその特殊な力は、どんどん人にあれよあれよと必要とされて、
所属する電話占い会社では、いつもナンバー1になりました。
そこがありすの人生の第一転換期になりました。


でも、そのお仕事をさせて頂いているうちに、
自分がアダルトチルドレンだと気づき、
自分の中のインナーチャイルドを、
しっかりと癒すことが最重要課題だと気が付きました。
39歳の時、3度目の結婚した後でした。


セラピーを受け、そこから、人生はめくるめく変わっていきました。
そして、インナーチャイルドのセラピストの資格を取りました。
それが、ありすの人生の第二転換期であったと思います。

後にそれを基に、今の形、一生に一回のインナーチャイルドのセラピー、
ありすのオリジナル、
“リベレ アンファン アンテルヌ テラピー”が出来上がりました。


電話占いと言う業界では、昇り竜のごとく。
そのうちにTV局からもたくさんオファーが来るようになり、
某TV局では、「ありす先生で特番を組ませてください。」とまで、言われるようになりました。


そのお話は、当時のビジネスパートナーの失言で無くなりましたが、
今は、心から無くなって良かったと、思っています。
そのまま、走り続けていたらたぶん、今の『ありす』は無かったでしょう。

私は、スピリチュアル・ブームに祭り上げられた”神”になっていました。
沢山のミラクルを起こしてきましたが、どんどん依存する人たちが増えてきました。
私は、責任をたくさん抱えていきました。
上手くいって当たり前、そうでなければ恨みを買うお仕事になって行きました。
いいえ、本当は人生が全て自己責任なのに・・・。
今思うと”神”でなければならないと、思っていたのだと思います。
思い上がっていたのかも知れません。

私自身には、誰とも争う気は無いのに、当然、目標にも妬まれる対象にもなりました。

能力があり、この世界へ入ることを進めて可愛がっていた右腕左腕は、
ありすを越えたいと思う子ばかりでした。
信頼し合えていると思っていた子が、
私が一番辛い時に離れていきました・・・。
哀しい思いを、沢山しました。

そして、お話を今回一番お伝えしたい事にシフトしていきますね。

今から4年前に遡ります。
その年は、ありすにとって12年に一回の良い運気でした。

私を慕ってくれていたヘビーユーザーの元お客様で、
能力があるので、この世界へと案内した元弟子(?)のある女性が、
私の事を陰でバッシングしていると、ブログもまんまコピーして使っていると、
何人かのお客様から聞くようになりました。

私は【信じたい】という気持ちで、彼女を庇いつづけました。
その【信じたい】と言う気持ちが問題だったのです。
それは、私の中のインナーチャイルドが原因とする”淋しさ”から来ていたのです。

そして、人の幸せを求めるのは、純粋な気持ちで、
私と同じ思いをする人を無くしたいという気持ちと共に、
【人に求められたい】という淋しさから来る、過剰な承認欲求も同居していました。
この2つの感情と、【誰も、私を抱きしめることは出来ない】という、
3つのキーワードに、いつも潜在的に苦しめられてきました。

そして、本当のことを確かめたくて、
その彼女の『シータヒーリング講座』を受講しました。
その中で、私は恐怖を見ました。
「紹介者に感謝する必要なんてない!」
そこから始まった講座の中で、
私を大好きだと思っていた彼女は、突然豹変したくさんの私のお客様の前で、
悪魔だと言って突き落としました。
どんどん、辛くなって行き、参加できない状態になり、
ある時は、号泣して立って歩いて帰れない日もありました。

どうして、12年に一回の良い運気の時に、こんな目に合うんだろう?
どうして、こんなに自分を【犠牲】にして、人の幸せを助けているのに、
こんなに自分をすり減らしているのに、こんな目に合うのだろう・・・。

辛くて、哀しくて、張り裂けそうな想いでした。
でも、そこがありすの人生の開花の第三段階だったのです。

一緒に受講した最も信頼していた男性の友人が、
「止めてもいいよ。でもね、言っていることもこの雰囲気もおかしいから、
きちんと教えている内容が正しいかどうか、シータヒーリングの本部に確認して?
でなければ、貴女のしている仕事も全部奪われてしまう。」
という言葉をもらい、私は真実を探す旅に出ました。

確かに講座中、何度も別室に閉じ込められ、
「自分のしている鑑定を全部ウソだと認めろ!ブログに書いて謝罪しろ!」
と、言われてましたから。
自分の鑑定には、確固たる自信を持っておりましたので、そこには同意はできませんでした。
でも・・・まだ何か変わらければとは思っていました。

いつも、今も、私が常に求めているのは“真実”です。
感謝の無いスピリチュアリティーなど、存在しない。
スピリチュアルの世界だけでなく、
人として生きる以上、相互感謝がないことは、あり得ない。
ありすは、そう考えます。



私は何度も彼女に訴えました。
その度に、「そんなに感謝されたいのか!それは支配だ!!」と・・・。
その頃、必死に真実でないことを叫びたくて、
ブログに何度も、その時起きていたことを書かせて頂きました。


その時の頂いたコメントに、
「ありす先生のおかげで、今、こんなに幸せなのに、
ありす先生に何もできない。」と、いうコメントを頂きました。。。

心が救われましたが、そんな想いをさせてしまい、
申し訳ない想いでいっぱいにもなりました。

当時の私は、彼女からの営業妨害や、
“2ちゃんねる”というインターネットでの元弟子傘下の誹謗中傷で、
前年同月比-68%という逼迫した経営状態、
社内では従業員との問題など、最悪の状況でした。

“2ちゃんねる”はインターネット上で最もマイナスの影響の高いサイトで、
大手企業でも対策室を設けている程のサイトで、精神的にかなり苦しい状態でした。

刑事事件として訴える事を、顧問弁護士に勧められ、
警察の刑事課のサイバー処理の担当官に、
書き込んだ人のリストを頂いた時、愕然としました。
知っている名前が、沢山!
でも、同時に思いました。
この人たちに、こんな思いをさせてきてしまっていたと・・・。

考えないようにしていても、涙が止まらない。。。
じっとしていても手が震える。。。

それでも、不思議と鑑定の時は、涙は止まり、
手の震えは止まるのです。
お客様のご相談を賜っている時、大きなピンク色の光に包まれているのを感じました。
いつもいつも、その事に支えられておりました。



その友人の勧めで、シータヒーリングジャパンに、お問い合わせをして、
代表の宮崎裕之さんに、
講座中、疑問に思ったことを質問し、真摯にお答えいただきました。

「シータヒーリング苦しい思いをさせて申し訳ありません。
でも、シータは素晴らしいものです。シータを改めてうけてみませんか?
そして、ぜひインストラクター養成講座を受けて、
創始者のヴァイアナ・スタイバル氏に会ってください。
真のシータヒーリングの素晴らしさに出会えますから。」

まだ、私はその時はそんな状態ではなかったので、
東京でシータを教えている男性をご紹介を頂き、改めてシータヒーリングを受け、
どうして、こうなったのかを紐解いて頂きました。
とてもエキサイティングな出来事でした。
そして、彼から基礎DNA、応用DNA講座を再受講いたしました。
とても素晴らしい時間になりました。


目からうろこが一枚、また一枚と剥がれる思いでした。
最初に元弟子の彼女から受講していた内容の余りの違いに驚きました。

と、言うのもほとんど別室に閉じ込められ、
慟哭と懐柔を繰り返されていたので、知らない内容ばかりでした。
そしてどんどんと、自分の中のネガティヴを手離し、心は軽くなって行きました。


そこで、世田谷で”エレメンタル”というエステサロンをやっている
素晴らしい仲間、孝子さんに出会いました。
笑顔が素敵な彼女のコンサルタントとしてホームページを作らせて頂きました。
今では、ありすの身体をメンテナンスしてくださる良き友人です。


名古屋では、シータヒーリングの最高峰の資格 ”サイエンス”という資格を持たれた、
”ディバインセンス”の杉浦優司さんに、シータヒーリングを受け、
そのお人柄と卓越したヒーリングセンスに、
恐怖感はだんだんと薄らぎ、更に違う角度で、軽く軽くなって行きました。
だんだんと、手の震えも収まって参りました。


その頃、中学の同級生に”中小企業家同友会”という経営者の会に誘って頂きました。
「どんな業種であっても経営者には変わりないから。」と・・・。

感謝の言葉が飛び交う、そこには、
現実と真実と、ありすが生きてきた、スピリチュアルな世界よりも、
本当のスピリチュアリティーがありました。

でも、その2チャンネルの影響で、たくさんのお客様が離れていきました。
昨日まで「ありす先生、大好きです!」と言ってくださっていた方が、
どんどん離れていく・・・哀しい気持ちはどんどん波紋していきました。

私のような業種だからという訳ではなく、
こちらのサイトで誹謗中傷された電気工務店の男性社長でも、
書かれたことが営業不振になりそれを苦にして自ら命を絶った方もいらっしゃいます。
そのくらい影響力の強いサイトなのです。

その妨害を受けた同業者との裁判も民事刑事含めて4つも行い、
心身ともに疲弊しておりました。

その頃の私は本来の私ではなく、少しおかしい人だったのかもしれません。
メンタルケアを専門にしていてお恥ずかしいのですが、
私も当時は精神を蝕まれておりました。
(あぁ、人はこうやって壊れていくのか・・・)と感じたことも多々ありました。

それでも、不思議と鑑定の時は、涙は止まり、
手の震えは止まるのです。
お客様のご相談を賜っている時、大きなピンク色の光に包まれているのを感じました。
いつもいつも、その事に支えられておりました。




 そんな状況下で、その会に入会させて頂き、学ばせて頂いた事は、
自分の社長としての至らなさや
これからどうしたら良いのかと言う方向性の大きな光になりました。



そんな時、例会での新入会員の発表をさせて頂き、現状打破のヒントも頂きました。
そこで、生まれたのが、現在のホリスピ®カウンセリングです。
サイ(超能力)・サイコロジー(心理学)・フォーチュン(占術)・ヒーリング(癒し)
この4つを駆使して、当たる当たらないではない、
答えを打ち出していくカウンセリング。

その時掲げていたのは、【脱!怪しい】でした。

このカウンセリングを、健康保険の利く業態にしたい。
その想いが一つの支えとなりました。

その会での発表の中で、私の提供しているメンタルケアのサービスを、
その時の同グループのメンバー方々のご理解や応援を頂いたこと、
本当に、今も忘れられない励みになっております。

 でも、すぐには経営状況は変わらず、落ちる時はものすごい速度で、
一番最悪な時は-87%まで落ち込み、
社員さんたちに半年もお給料を払えず、という所まで落ちました。
無意識に薬を大量に飲み、同期で入会した友人に、
泣きながらお別れの電話をしたこともありました。

でも、その時に私の中にあった言葉では表しきれない【淋しさ】に気が付きました。
私は社長として、社員さん達を守らなきゃいけないのに、
そばで守ってきたんだから、こんな時ぐらい私も守って欲しいという、
【淋しさ】それも、手離しました。

でも、当時、傍にいてくれた社員さん達は、
どんな想いでいてくれたのだろう。。。


それでも、不思議と鑑定の時は、涙は止まり、
手の震えは止まるのです。
お客様のご相談を賜っている時、大きなピンク色の光に包まれているのを感じました。
いつもいつも、その事に支えられておりました。




年末近く「もはやここまで・・」と思っていた時、
年も押し迫っていた12月26日にその会の先輩が事務所に駆けつけて下さり、
決算書や試算表を見て下さって、
「まだまだいける。こんな負債額で死んじゃいかん。
俺なんて銀行に7億借金があるぞ。まだ3億ぐらい借りようと思っとる。
あんたの命の値打ちはこんな数百万じゃないだろう。」と叱咤激励を頂き、
歯を食いしばったことをしっかりと覚えております。
そして、ご支援いただき、なんとかかんとか繋ぎとめました。


それでも、不思議と鑑定の時は、涙は止まり、
手の震えは止まるのです。
お客様のご相談を賜っている時、大きなピンク色の光に包まれているのを感じました。
いつもいつも、その事に支えられておりました。




 そして、沢山の方々のご尽力を頂き、生きて越せないと思っていた翌年早々、
お客さまから多額のご融資を受け、再生のチャンスを頂き、
中川税務署や熱田年金機構の担当の方々からもアドバイスを頂き、
名古屋の会社を休止させて、昨年東京に拠点を移しました。


そして!とうとう、シータヒーリングのインストラクターになることを決め、
ヴァイアナ・スタイバル氏の講座を受けることを決めました。
理由は二つ。
正しくシータを伝えたい事。。。
そして、そのメソッドを作った本人から、真実を知りたかった事。。。


講座の時、震えながら司会をする事務局の方に、
事情を話し、なんとかヴァイアナ・スタイバル氏に答えを頂けないかと、
勇気を出してお話をしました。

「わかった!ありすちゃん、それはいけない事。必ず伝えるね!」
彼女のその時の力強いまなざしと、温かさは今でも忘れません。
ありすには、彼女が正義の女神に見えました。

後に、愛が溢れるその彼女から、ありすはアクセスバーズを学びました。
そして、そのメソッドはありすのサロンでの大切なメニューになっています。

今でも、バイリンガルな彼女は、全国を飛び回り、
愛と真実を、伝えています。


お話を元に戻して・・。
その会場には、元弟子の彼女がいました。
怖くて怖くて・・・あの講座の時のトラウマが戻ってきました。
私に真実を確かめて?と言ってくれた友人に動揺して電話すると、
「そう、それは怖いね。でも、大丈夫。
そこにいる仲間が守ってくれるから。」
私が、ママと呼ぶくらい信頼できるお友達に会ったと告げると、
ほらねと、安心して電話を切りました。

直接、ご本人から回答があると思っていたありすは、ガッカリしていました。
さっき、ママと呼んだその時仲良くなった福島の女性は、びくびくしている私を、
ずっと守ってくれていました。
そして、彼女の一言が、ありすを恐怖から完全離脱させてくれたのです。
「ありすちゃん、これ、ありすちゃんのための講座だよ?
だって、講座の中でありすちゃんの質問に答えてる。
この会場にいる170人が証人だよ!」

あの時のことは、一生忘れません。
もっと、びっくりだったのは、休憩時間にヴァイアナ・スタイバル氏が
トイレまで追いかけてきてくれて、「YOU!」と声をかけてくれた事。
そこに何名かの同期がいましたが、みんなビックリしていました。

その時のグループリーダーが、素晴らしい方で、
やはりサイエンスの資格を持っていらっしゃいました。
彼女もサイエンスの資格を持っていたので、
私が、どうして嘘を教える人が、サイエンスの資格を持てるんでしょう?
と、耐えられなくて聞くと、
「ありすちゃん?
ヴァイアナもそう思っていて、ある日シータの愛と光に聞いたんだって。
そしたら、“淘汰される”と答えが来たんだって。
誰にでも幸せになる権利はあるから。
だから、平等に教えなきゃっておっしゃってたよ。」と・・・。

とてもとても納得しました。

そして、東京でご家族でサロンをなさっていて、
そのグループリーダーのお父さん先生に、
8歳の時に視てもらった四柱推命の先生の場所にいた霊能者に、
私は、私の力を自分に使えないという呪詛を掛けられていた事を、
見つけてもらい、それを解除してもらいました。

そして、インストラクター講座で同期として知り合った、
心から尊敬する最愛と呼べる友、
真理子さんにとてもセンセーショナルなセッションをして頂きました。
「ありすさん?ありすさんは、自分は一番最後でいいと思っているでしょ?
貴女を必要とする人は、どんどんどんどんやってくる。
そしたら、いつまで経っても自分を幸せにはしてあげられない。
あなたが不幸でいたら、幸せにしてもらってもその人は喜べないし・・・。
何より、あなたが一番幸せでなければ。」と・・・。
ビックリしました。
そして、真理子さんのセッションで、
”一番最後”を手離し、”一番”にして頂きました。
聡明な彼女から、『ナチュラルサイキック』という言葉を学びました。
なんだか、素敵な響き♪嬉しかった。
自分を肯定された気がしました。

彼女は東京にお住まいで距離的には離れていますが、
いつも彼女は、私の心の傍に居てくれています❤


それからは、もうミラクルの連続でした。
私を困らせる人たちは、私の前から居なくなり、
どんどん、状況は好転していきました。

そして、今年のお誕生日。
沢山のメッセージを頂きました。
みなさんが口をそろえて「一緒に笑ったり、怒ったりしながら、
一生懸命応援してくださるありす先生が人間らしくて大好き」と・・・。

毎年そうだったはずなのに、
今までちゃんと受け取れていなかったことに気が付きました。
その時、細胞レベルで興奮したのを覚えています。
だから、たくさんの人が離れて行った。
それも、これも、全て、自分が招いたことでした。



東京に新会社を設立して、会計事務所出身の優秀な社員に恵まれ、
社員達に理解を頂きリストラをして、彼に経理を預けました。

多大な彼の力で税理士を使わず二人で決算を起こし、
今年早春には赤字ではありましたが、まずまずのスタート切ることが出来ました。
2期目には黒字間違いないという所まで復活出来ましたが、
未払いが累積し自転車操業が続く中、
彼に示唆され、今年初夏、大きな決断を致しました。

その日は、呪詛の呪縛から解放してくれたリーダーとお父さんからの、
遠隔のW龍穴風ヒーリングを受けていた新月でした。

 それは、法人成を閉鎖し、個人事業主になり負荷を軽くして、
未払いを集中的に整理し、最後の山を乗り切るという事です。

その決断を決めてから、年内に未払い解消の見込みが立ちました。
資金繰りが回らず、遅れていた昨年度の同友会の会費も本日精算が出来ました。

 この2か月でやっと数万円ですが、自分のお給料を頂く事が出来ました。


 ずいぶんと、前置きが長くなりましたが、一つ目のご報告です。
9月29日付で法務局へ『株式会社美羽.MIEUX.』を法人閉鎖の手続きを取りました。
事実上の法人格の解散に向けての手続きを始めました。
官報に載せ、平常に行けば来年早々に私が作った法人格は終了いたします。

この法人格は、【怪しい】と思われない様に作ったものだっと気が付きました。
もはや、ありすの事を怪しいと思う人はいらっしゃいません。


そして、二つ目のご報告は、
10月26日付で刈谷税務署に『リタウィンズ』という屋号で個人事業主の登録を致しました。
現存の大切なお客様にご迷惑をかけないため、
解散結了を待たないでスタートを致しました。

新個人会社のロゴは、
同じ経営者の会のメンバーに素晴らしい物を作って頂きました。
命名の意は【「利他の心」を持ち、関わり合うことで、共に成長し合う】です。

今まで、私の人生は人のためにあると思ってきました。
自分の幸せは二の次だと思っておりました。
でも、それは大きな勘違いで、
私はこんなにも皆さんに愛されていたんだと。
それに気付いてないから、
だから、自分の中に軸がないことに気が付きました。



自分が幸せでないと、人は幸せにできないことを学びました。
今まで起きたことはその軸がないことが招いた結果だと思っております。
いつも何かのせいにしてきたのだと思います。
 
だから【信じたい】【人に求められたい】【淋しさ】そして【犠牲】に
翻弄され、振り回されてきたのだと、この4年間で学びました。
それをすべて手放しました。


そして、もう二度と誰かの犠牲にはならないと決めました。

私自身が幸せになるために、好きなこの仕事をしていき、
少しでも多くの苦しむ人のお手伝いが出来たら・・・と思います。
利他の心と、Win&Winでいく決意の命名です。



最後に三つ目のご報告は、
私の名前を永坂理子(りこ)改め永坂理湖(りこ)に変えました。
私が提供しているサービスでは名付も行っており、
人の名付ではきちんと視るのですが、
いつも自分の事は後回しにしてきたのです。

“理子”と言う名の画数は争いを多く招く画数と言うことを鑑みて、
確かに生まれた時亡き父がつけてくれたの知子(ちかこ)から、
独立を機に改名した理子になってからトラブルが多く、
充分に思い当たる点があったので、
この際、再度改めて先の目標も踏まえての改名を致しました。
10月3日付で家庭裁判所へ改名届を提出して参りました。

2度目の改名なので受理されるかわかりませんが、
ビジネスネームとしては、これからは永坂理湖で参ります。


 さらっと書かせて頂きましたが、
法人格の閉鎖を決めたのは簡単な想いではありませんでした。
さまざまな思いが交錯し、自分との戦いでした。

一番辛い時に、今、私を必要としてくださる『チームありす』のみなさんや、
周りで支えて下さる全て人の暖かさに触れました。
本当にいつも感謝しております。

そのくらい尋常でなく、苦しかったです。
でも、ここまでなんとか越えることが出来ました。
そして・・・すべてを赦すことが出来ました。

私は、私自身が勝手に、
自分の持つ羽根を視えないピアノ線でぐるぐる巻きに縛り、
自ら十字架を背負い、ゴルゴダの坂を上っていたのに気づきました。

誰のせいでもなく、全て自分が引き寄せていたものだったのです!!


私は、こんなにもたくさんの方々の愛に包まれていたのです。
だからこそ感謝をこめて、愛を愛として皆様にお返ししたい。


 そして10年後の夢ができました。
また、それについてはいつかお話しさせて頂くことになると思いますが・・・。

これからの目標が明確になったので、
一旦引いて個人事業主となり、地に足を付けて利益を増やし、
10年後の目標に向けての4年後の法人成を目指していきたいと思っています。

でも、皆様にとっての『ありす』は何にも変わりません。
いつも、みなさんの心のそばで、
これからも、ホリスピ®カウンセラーとして、ヒーラーとして、
そしてセラピストとして、自分を縛っていた鎖を解き放ち、
更なる力を纏い、完全復活の宣言を致します。


そして、新たに新しいミッションができました。
それは、本物を世に出していく事。
その人の持つ力を、その人らしく最大限引き出し、
バックアップしていく。


個人も、法人も、どんな環境も、お護りしながら、
更なる未来へ羽ばたくお手伝いをさせて頂く事。
これは、インディゴの先駆としてもミッションです。

とは言っても、まだまだ再建の途中です。
困った時、悩める時、(あ、ありすがいた!)と思い出して頂ければ、
ありすも夢に向かって準備をしているので、ご利用頂けると、
お互い Win&Winになれるし、正直とても助かります。

それでも、不思議と鑑定の時は、涙は止まり、
手の震えは止まるのです。
お客様のご相談を賜っている時、大きなピンク色の光に包まれているのを感じました。
いつもいつも、その事に支えられておりました。

ありすを支えて居続けて下さったのは、私の大切なお客様です。
今、このブログを読んでくださっているあなたです。
本当にありがとうございます。


法的手続きをして、消して頂く事も可能なのですが、
2ちゃんねるは、今も放置しています。
なぜならば、私の事を知っている方には、
もちろん、本当の私はお解かりいただけますし、
知らない方であれば、逆にそのギャップをお楽しみ頂けるのかと・・・(笑)

そんな風に思えるようになった、この4年間の月日でした。


そして、今まで通りの、いえ、今まで以上にパワーアップした『ありす』に
これからも今まで同様、それ以上に『リタウィンズ』の永坂理湖に、
ご指導ご鞭撻の程を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

もう、今日を限りに、過去は振り返りません。
ありすは、生まれ変わりました。

これからは軽くなった心とフェニックスの様に大きく拡げた羽根と共に、
軽やかに、前だけ向いて、笑顔と共に参ります。



 
お読み頂いた皆様に、愛と感謝と光をこめて。

幸せのシャワーが降り注ぎますように。。。

長くなりましたが、最後までお読み頂き、有難うございました。

2016年11月1日 大安

P.S.今日のこの記事を、
私に真実の旅へといざなってくれた信頼できる友人に、
そして、ずっと私を、守り、支え続けてくれた、
私の親愛なるソウルメイトに捧げます。
スポンサーサイト

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。