FC2ブログ

プロフィール

ありす

Author:ありす
ホリスピ®カウンセリング考案創始者
幸せ定着プロデューサー
インナーチャイルドケアエキスパート

カウンセリング暦:38年
年 齢:50代

占 術:ホリスピ®カウンセリング
    サイキックリーディング
    スピリチュアルタロット
    西洋占星術・八星占術
    波動修正・遠隔ヒーリング
    空間浄化・願望実現
    パワーストーン処方

プロフィール:インディゴチルドレンの先駆としてのミッションを持ち、
       生まれつき関わる人を幸せにする力、
       関わる人の潜在能力を引き出す力を持つナチュラルサイキッカーです。

       15歳から占い師としてお仕事をしていましたが、
       38歳まで、占い師をさせて頂きながら
       当たる当たらないという世界は何か違うと感じて、
       ホリスピ®︎カウンセリングを考案し、
       創始者&実践者として活動しています。
どんなお悩みにもマルチに対応する
       よろずお悩み相談業です。
       こんなことは・・・と思わずにお気軽にご相談くださいませ。

       また、システムエンジニア、銀行員などの経験から
       法人向けのコンサルタントもしています。
       また、クラブシンガーなどの異色な経歴もあります。
       得意な事は、未来リーディングと願望実現です。
       プライベートでは既婚34歳と大学3年生の二人の女の子の母親でもあり       ます。
       会社も経営していて、起業して11周年になります。
       ヒーリングサロン兼オフィスは名古屋市熱田区にあります。
       三英傑が参って天下を取ったと言われている、
       三種の神器が祀られている熱田神宮から徒歩2分のところです。

       2019年4月1日 企業11周年を迎えるに辺り、
       プロフィールを更新させて頂きました。
       改めて、これからもよろしくお願い致します。

       ありすより愛💝をこめて

    

リンク

最近の記事

Vivre mieux ツイッター

Vivre mieuxのツイッターです。 ホリスピカウンセラーの待機状況や最新の情報をつぶやいています。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

聖なる夜に、愛をこめて☆ミ

みなさん、こんばんわ!

今日も鑑定終了致しました。ありがとうございますm(__)m。

カルンちゃんから、『満月のイヴだね☆ミ』と、メールを、貰いました。
とっても、希少なイヴから、そして聖夜へと・・・。

Merry Christmas!!
みなさんはどのようにお過ごしでしたでしょうか?

ご存じのとおり本来クリスマスとは、
イエス・キリストの降誕(誕生)を祝うキリスト教の記念日・祭日です。
「神様が人間として産まれてきてくださったこと」を,
祝うことが本質なんですね。

12月25日に当たるのですが、
昔の暦では日没を一日の境目としているので、
12月24日夕刻から朝までをクリスマス・イヴとして祝うんです。
そして、なんと\(◎o◎)/!
イスラム教徒も、主要な預言者イエスの生誕として、
クリスマスを祝うそうなんです。

特に欧米、キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、
クリスマスツリー(常緑樹で一般にモミの木)の下に、
プレゼントを置くのが決まり。
プレゼントを贈る気持ちである「愛」の日でもあるんです。

『クリスマス=恋人と過ごす日』というのは、
どうやら日本だけの風習の様です(*^_^*)

ありすの愛すべきお客様は、世界中にいらっしゃいます。
アメリカ、フランス、イギリス、中国・・・。
そして、このブログを読んで頂いている『チームありす』のメンバーは、
ドイツ、オランダ、ブラジル、韓国、ロシア・・・。
本当に、さまざまな国々の方々が見て下さっている・・・。
ありがとうございますm(__)m
その、ほとんどの国でこの聖なる夜は、祝われます。

ここで、雑学を少し・・・。
「クリスマス」にあたるドイツ語は「Weihnachten(ヴァイナッハテン)」、
フランス語は「Noёl(ノエル)」、スペイン語は「Navidad(ナビダー)」
ホント、それぞれですね\(◎o◎)/!
世界に言語は、もっとたくさんあるので、
もっとたくさんの言い方があるんでしょうね。
言葉って、素敵です☆ミ

お話しは、180度変わりますが、
クリスマスの度に、ありすが思い出すお話があります。

それは、『クリスマス・キャロル』
言わずと知れた、超ポピュラーなお話ですね(^_-)-☆
英国の文豪ディケンズの中編小説です。
聖夜に歌われる同名の楽曲とは違うけれど、
どうやら密接な関係があるようです。

ご存じない方のために、簡単にあらすじを・・・。
作品の主人公は、エベネーザ・スクルージという初老の商人で、
冷酷無慈悲、エゴイスト、守銭奴で、
人間の心の暖かみとか愛情などとは、
まったく無縁の日々を送っている人物なのですが、
クリスマス・イヴに三人の精霊と出会い、超自然的な体験をします。

人間愛と無縁であったスクルージが、
その精霊達との関わりで得た経験によって人間愛に目覚め、
愛の象徴としてのクリスマスに絶大な意味を見出したというお話です。

その見出した絶大な意味とは、「本当のクリスマスの祝い方」。
それは、豊かな者が貧しい者を助け、
社会をよりよいものとすることだったのでした。

ありすは、この物語を知ってから、
クリスマスの度に思う事があります。

本当の豊かさって、お金や地位や名誉とかじゃなくって、
結局、心の豊かさなんだろうなって。
困っている時、助け合ったり励まし合ったり、
人の喜びを一緒に喜べたり・・・。
嬉しい事を、素直に感謝出来たり・・・。

その豊かさが、心に持てる事が幸せなのかなって、
そして、その心で、更に自分に何が出来るかなって、
考えることが、いつの頃からかクリスマスの習慣になりました。

この聖なる夜に、みなさんに、
心からの”愛”をこめて・・・Merry Christmas☆ミ

みなさんが幸せでありますように・・・それでは、また明日(^^)/~~~



お気に召したら『ぽち』っとして下さいませ(*´ω`*)→ ランキングバナー
ついでにここも『ぽち』っとして下さいませ(*´ω`*)→ ランキングバナー
スポンサーサイト




 BLOG TOP